愛知カフェ

ダカフェの桃かき氷はおいしい!気になるお値段は?

スポンサーリンク

 

最近は様々なメディアでも取り上げられるようになったダカフェ。

 

ダカフェフルーツサンドで有名ですが、実は暑い夏には特徴的なかき氷が登場します!

 

今回はダカフェ本店で桃かき氷をいただきました。

 

桃をまるごと乗せた豪快なかき氷の紹介です。

 

※本記事は2021年7月時点のものです

 

ダカフェの桃かき氷はおいしい!

 

夏になり桃がおいしい季節となったので、八百屋さんの新鮮な桃を使ったかき氷(ももそっと氷)を食べてみました。

 

なんと、桃がまるごとかき氷の上に乗っているのです!

 

しかも食べやすいように種など取ってあり、半分に割ってつまようじで固定されていました。

 

 

ポイント

人数分のお湯がついていたり、お客さんの食べやすさや見た目にも配慮されているところが素晴らしいです。

 

かき氷はふわふわで練乳がかかっています。

 

ところどころ桃のエキスが氷に紛れています。

 

かき氷の中には桃の実は入っていませんでした。

 

もう1ランク上の桃かき氷にはかき氷の周りに桃の実が切って添えてあります。




ダカフェ桃かき氷のお値段は?

 

八百屋さんのとてもおいしい果物のかき氷ですが、お値段はいくらくらいなのでしょうか。

 

桃かき氷には2種類あり、それぞれ値段が変わります。

 

桃かき氷のお値段

  • ももそっと氷:2200円(税込)
  • ももそっと氷プラス:2750円(税込)

 

かき氷にしては少し高いと思われる方もいますが、新鮮で甘い桃が丸ごとふわふわのかき氷と一緒に食べられるので最高ですよ。

 

下の写真の赤枠で囲ったものが桃かき氷の種類になります。

 

 

ダカフェの桃かき氷を食べるまでの流れ

 

次はダカフェ本店で桃かき氷を食べるまでの流れについて紹介します。

 

注文方法

 

店内で注文をし、先払いで商品ができるのを待ちます。

 

先に注文してお金を払い、名前、店内テラスどちらで食べるかをお伝えします。

 

店内が空いていれば店内、店内が空いていなかったらテラス、という選び方もできます。

 

お店の方が注文内容と名前を紙に控えたら商品ができるまで店内かテラス席で待ちます。

 

名前が呼ばれたら、テラス席での食事を希望した方は、外で受け取り、店内での食事を希望した方は店内で受け取ることになります。

 

食べ終わったら、外と中にある返却口へ自分たちで返却します。

 

待ち時間はどれくらい?

 

待ち時間は土日のお昼ごろで、注文まで20分、注文してから商品提供まで1時間、計1時間20分でした。

 

今回は外が暑いため店内で待ちましたが、涼しい店内で1時間も待つと体が冷え、かき氷を食べるときには寒くて凍えながら食べることになりました。

 

かき氷を食べるならで待っていた方が良いかもしれません。

 

席はある?

 

席は上のようなテーブル席が2つあります。

 

2つと言っても、店内にはグループごとに区切られた席はありませんので6名掛けと8名掛けくらいのテーブルでした。

 

各々横に並んで座っている方や、縦に向き合って座っている二人組が多かったです。

 

また、下のようなカウンター席もあります。

 

 

カウンター席では窓の外の田んぼの風景を見ながらのんびりと食事ができます。

 

店内に25人くらいは座れる席があると思います。

 

またダカフェ本店にはテラス席もあります。

 

テラス席には4人程度が座れる椅子とテーブルが10個程度あります。

 

店内、テラス席どちらでもよければ、席は必ず確保できると思います。

 




暑い夏ならではのサービス

 

夏は混んでいると暑い外に並ぶことになるので、お店の前にダカフェオリジナルのうちわがたくさん用意してありました。

 

おそらく使いまわしなのですが、気が利きますね。

 

試食を提供してくれる!

 

外で並んでいると、お兄さんがパイナップルの試食を持ってきてくれました。

 

暑いときに冷えたパイナップルを持ってきてくれるなんてお客さんの立場になって考えてくださりありがたいですね。

 

試食のパイナップルも甘くておいしかったです。

 

まとめ

 

夏は桃の季節なのでぜひ八百屋さんの新鮮で甘い桃をふわふわの氷と一緒に食べてみてください。

 

様々な配慮や工夫もされていて、お客さん目線のお店だなと思いました。

 

今後の店舗展開も期待しています。

 

 

 

スポンサーリンク

-愛知カフェ