就活

人事に顔を覚えてもらうと就活が有利になる?覚えてもらう方法は?

スポンサーリンク

 

就活で色々な企業のイベントや合同説明会に参加すると、なんとなく企業の人事が誰なのか覚えてきますよね。

 

悩んでいる人
企業側は学生の顔や名前を覚えているのかなぁ

 

今回は、人事に顔や名前を覚えてもらうと、就活が有利になるのかどうかについて、現役採用担当がお伝えします。

 

人事に顔を覚えてもらうと就活が有利になる?

 

人事に顔を覚えてもらうことは就活生にとっては率直にうれしいのではないでしょうか。

 

もしかして、選考が有利に進むのではないかと期待してしまう方もいるでしょう。

 

では、実際のところ、人事に顔を覚えてもらった就活生は選考が有利になるのでしょうか。

 

人事に顔を覚えてもらうと有利になる?

 

結論、覚えてもらえていない就活生よりも最初の選考段階は有利になると思います。

 

最初の選考段階とは、書類選考1次面接のことです。

 

理由は、インターンシップや説明会を行う人事の採用担当が書類選考、1次面接まで担当することが多いからです。

 

採用担当

選考初期を過ぎた、2次面接以降については、あまり効力がないかもしれません。

 

2次面接以降は基本、部長級以上の社員が面接官をします。

 

企業の今後の経営のことを考えると少しでも優秀な人材がほしいため、意欲や人事担当からの口コミだけでは選考を突破できるとは言えません。

 

注意

2次面接以降は意欲+人柄+実力になってしまうことが多いかもしれません。

 

一方、書類選考は選考の一番最初の段階ということで、非常に母数が多いです。

 

かつ、内容以外で目が行くのは、就活生の顔写真と名前のセットです。

 

全くかかわったことがない就活生については、特にインパクトもなく流れがちになってしまいます。

 

しかし、インターンシップや説明会で顔を見たことがある、話をしたことがあるという就活生については、加点がされやすいのも事実です。

 

採用担当の本音

あまり大きな声では言えませんが、筆者も書類選考で学生の合否を決める立場ですが、よくイベントに来てくれていた学生は顔も名前も覚えているので、公平に判断せずに、合格にしてしまいます。

 

興味があってイベントに出席するなど手間時間をかけてその会社に対して行動をしてくれたことが他の大多数の就活生と違って人事の採用担当は嬉しいのです。

 

人事はイベント参加実績も把握している

 

また、イベント参加学生の実績等は必ず毎回データを残して把握しているので、イベントに参加して企業にアピールする方法はおすすめです。

 

ただ、ここで注意が必要なことがあります。

 

注意

イベントや説明会に参加する学生が非常に多いため、参加したとしても採用担当が学生全ての顔を覚えられないというのが事実。

 

それでは、どのようにすれば企業に顔を覚えてもらえるのでしょうか。

 

人事に顔を覚えてもらう方法は次項でお話ししますね。

 

 

オススメ

オススメする就活アプリはキャリアチケットスカウト

自分の就活の軸が分からず困っている方や、自己分析が上手くできていない方自己PRやガクチカが上手く書けない方にオススメです。

質問に答えたり、プロフィールを入力したりするだけで、自分に合った企業から早期インターン早期選考などの特別なオファーを受けることもできます!

キャリアチケットスカウトに登録をすれば、24卒の就活生は周りの就活生と差をつけられます。

▼早期内定を目指すなら早めにキャリアチケットスカウトの登録をしましょう▼

キャリアチケットスカウト 

今すぐキャリアチケットスカウトに無料登録して24卒就活を始める

まずは簡単インストールをして、基本情報を登録してみましょう!

 

就活で人事に顔を覚えてもらう方法は?

 

人事に顔を覚えてもらうための方法は4点あります。

 

人事(採用担当)と積極的に関わる

 

とにかく企業との接触を増やし、採用担当と関わることが大切です。

 

具体的にはインターンシップや合同説明会などのイベントに2回以上は参加することですね。

 

採用担当

正直1回どこかのイベントに来ていたとしても、1回では顔と名前は覚えられません

 

単純に参加人数が多いという理由もありますが、たくさん参加している就活生のインパクトが強いからです。

 

筆者も昨年驚いたのが、筆者の会社で開催したイベントに全て参加してくれた就活生が数名いました。

 

さすがに、顔と名前を忘れることはありませんし、多く関わることで人柄や考え方などを知ることができました。

 

その就活生のことをよく知ることができたので、すぐに早期選考に乗ってもらい、見事内定受諾をしてくれたという事例もあります。

 

企業は各イベントのリピーターをしっかりと把握しているので、イベント出席を侮らないようにしましょう。

 

人事(採用担当)に積極的に質問する

 

質問を積極的にして人事に顔を覚えてもらいましょう。

 

採用担当

説明会やイベント時は、学生がたくさんいて、緊張して質問をできないという学生が非常に多いです。

質問ができない学生が多いことをチャンスととらえて、積極的に質問をしましょう。

そうすると、採用担当はそれだけで積極的主体性がある学生だと思ってしまいます。

 

また、イベントでは緊張して質問をどうしてもできないという就活生におすすめの方法を紹介します。

 

メールでもよいので質問をしてみてください。

 

メールで質問をすると、名前はわかるけど、採用担当はどんな顔の子か知りたくなります。

 

これは人間の心理的なものですね。

 

今後、同じ学生の名前が参加リストに載っていたら、採用担当は意識してその学生を探すでしょう。

 

さわやかな笑顔を忘れない

 

さわやかな笑顔を忘れないことです。

 

就活中は緊張して顔がこわばった就活生が多いです。

 

その分、ニコニコさわやかな笑顔の就活生は男女問わず、印象に残り、忘れません。

 

もし会社でいつもニコニコしていてさわやかな笑顔を見せてくれる社員がいたら、仕事もしやすいですし、雰囲気も良くなりますよね。

 

ポイント

就活で表情は大切!

 

面接官も、どちらか就活生を選ぶとなった際、学力や面接結果が同じであれば、笑顔が素敵だった方を選ぶでしょう。

 

笑顔だと印象に残るので、笑顔は就活においても最高の武器になります。

 

スカウトサイトに登録して企業に自分を探してもらう



スカウトサイトに登録し、企業に自分を探してもらうことです。

 

基本的に、就活は、就活生が求人サイトから自分の興味ある企業を見つけ、イベントや選考に参加するというやり方です。

 

しかし、最近は、企業が欲しい就活生をサイト上で探しに行くというスカウトサイトの動きが目立っています。

 

就活生は、スカウトサイトに登録し、マッチした企業からのオファーが来るのを待っていれば良いだけです。

 

スカウトサイトの就活生プロフィール欄も充実しているため、そこさえ埋めてしまえば、企業が探してくれ、人事に覚えてもらえます。

 

企業の本音は、就活生がオファーを受諾してくれた瞬間、採用に結び付けたいため、名前を認識し忘れません

 

まだスカウトサイトに登録をしていなければ、今すぐ登録し、企業からのオファーを待ちましょう。

 

特別選考のオファーをもらいたいならdodaキャンパス

dodaキャンパス


まとめ

 

就活で人事に顔を覚えてもらうことは、初期段階だけとは言っても、絶対に有利になります。

 

初期段階を突破できなければ内定には近づけませんからね。

 

親切な採用担当であれば、これまでのイベントや1次面接の様子を次の2次面接以降の面接官に伝えてくれるので、初期段階からも印象を良くしておきましょう。

 

また、就活生が努力できることとしては、常にさわやか笑顔が作れるように、笑顔を作る練習をしてもいいと思います。

 

笑顔は他の場面でも必ず良い結果となってあらわれるでしょう。

 

 

人事に顔と名前を覚えてもらい、効率良く内定をもらうなら、スカウト型サイトがおすすめ!

 

プロフィールと選考状況を提示するだけで自分の人柄や適性とマッチする企業からの特別選考オファーが来るのは、dodaキャンパス



選考の早期化が進む中、早期にマッチする企業からオファーをもらい、効率良く内定に繋げられます▼

dodaキャンパス無料登録はこちらから

1人で大型ナビサイトに登録して気になる企業を探すよりも、dodaキャンパスなら圧倒的にマッチング率が高い企業を効率的に探せます。

 

 

▼早期内定を目指すなら早めにキャリアチケットスカウトの登録をしましょう▼

キャリアチケットスカウト 

今すぐキャリアチケットスカウトに無料登録して24卒就活を始める

まずは簡単インストールをして、基本情報を登録してみましょう!

 

 

スポンサーリンク

-就活