会社説明会

就活

会社説明会の満席時はメールで問い合わせしていい?ベストな方法は?

スポンサーリンク

 

就活が始まると必ず会社説明会があります。

 

人気の企業だと会社説明会の予約がすぐに埋まってしまいます。

 

就活解禁の時期になると会社説明会の予約のためのクリック戦争が繰り広げられます。

 

行きたい企業の予約がすんなりとできればよいですが、人気企業だと予約がスムーズにとれないことも多々あります。

 

こんな方におすすめ

  • 会社説明会に参加したいけどすぐに満席になっちゃった
  • 説明会が満席の時はもう参加できないのかな
  • 説明会が満席の時はどうすればいいんだろう
  • 企業に連絡してもいいのかな

 

この記事では会社説明会の予約が満席になってしまった時はメールで問い合わせをしても良いかなどについて現役採用担当がお伝えします。

 

この記事を読むと、会社説明会の予約が満席になってしまった時にどうすれば参加できるようになるか、ベストな方法について採用担当の本音を交えて紹介します。

 

会社説明会の予約が満席だともう参加できない?

会社説明会

 

結論、会社説明会の予約が満席でも、行動次第で参加できる可能性は大いにあります。

 

諦めてしまったら志望意欲が伝わらず終わってしまうため、志望度が高い企業の説明会ならできることは必ずしましょう。

 

会社説明会の予約が満席の時に参加する方法

 

会社説明会の予約が満席になってしまった時に参加する方法について紹介します。

 

メール連絡でよいのでしょうか?

 

電話で採用担当に連絡

 

メール一本で済ませるのではなく、電話で直接採用担当に連絡をして参加したい旨を伝えましょう。

 

ほとんどの企業は枠の確保を検討してくれます。

 

予約が満席でも連絡をして参加したいという意思を伝えられるかどうかが要です!

 

実際に採用担当の筆者も何度か学生からそのような連絡を受けたことがありますが、枠を作り参加できるようにしました!

 

最近はコロナの影響で規模を縮小させているところも多いため、物理的に難しく断られることもあるかもしれませんが…

 

注意点

学生から説明会の参加日時を指定しないでください。

謙虚さや志望度が伝わりにくくなってしまいます。

 

どの日程の説明会でも参加しますと言うことで、説明会に行ける可能性が高まります。

 

また、形だけでもマイページのログイン回数はできるだけ増やしておきましょう。

 

ログイン数が多いとよくチェックしてくれていると思われ、志望度が高いと判断され、説明会に参加できる可能性が高まります。

 

ポイント

  • その企業の説明をどうしても聞きたいという熱意を伝える
  • 電話で伝える

 

タイミングは満席になった日に連絡

 

期間が空くと、それまで満席だったことを知らなかった、志望度が高くない人だと思われてしまう可能性があります。

 

一度電話してみるのがいいでしょう。

 

採用担当が不在にしている時はメールでもいいと思います。

 

ただし、その際は電話をしたことが分かるようにメール本文に記載してくださいね。

 

会社説明会の予約キャンセル待ちをする

 

説明会までに日数があるなら、予約ページを毎日チェックしてキャンセル待ちをする方法もあります。

 

一般的に、キャンセルが起こる時間帯がキャンセル締め切り日前日の22時~深夜2時、当日の朝の7時~9時です。

 

キャンセル締め切り日を把握し、当日まで予約サイトを逐一チェックしておきましょう。

 

締め切り期限直前に慌ててキャンセルする学生は非常に多いです。

 

企業の考え方によっては断られることも

 

会社説明会の予約は人気企業であれば基本、すぐに満席になります。

 

企業によっては、学生から電話で説明会枠を空けてほしいと言われて、志望度が高いように聞こえるのに、なぜ予約をすぐにしなかったんだろう、甘いのではないかと思う人事もいます。

 

その際は、断られると思います。

 

そんな時は、前項にもありますが、説明会予約ページを毎日チェックしてキャンセル待ちをするしかありません。

 

また、そういう企業は仮に選考に参加しても、説明会の枠を空けてほしいって言ってきた人だと気づかれ、悪印象を持たれてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

▼イロダスサロンに登録すれば面接練習ができアドバイスももらえます!会員登録は60秒でらくらく!▼

10種類以上のキャリア講座・メンター面談を無料で就活生に提供してくれます!!

今すぐイロダスサロンの無料登録をして早速面談する

面接の不安もプロに聞くことでプラス思考になれます!

 

会社説明会の予約が満席の時にやってはいけないこと

 

会社説明会の予約が満席の時に、マナー違反をしている学生もちらほら見かけます。

 

どうしても参加したい企業であったとしても、マナーに欠けることは絶対にしてはいけません。

 

当日無断で参加する

 

マナーがなっていない印象を与えてしまいます。

 

予約ができない人の中には上記のように電話で直接参加できないかお願いをしています。

 

それすらせず当日いきなり参加は言語道断です

 

学歴を変えてマイページを作り、登録をする

 

もし仮に学歴を変えて登録をし、選考が進んだとしても一定のところまでしか進めません。

 

なぜなら、選考のどこかで「卒業見込み証明書」「成績証明書」等を提出する企業がほとんどだからです。

 

そこで大学を偽っていると一瞬でバレます。

 

バレれば内定どころではありません。

 

また、学歴が気になったとしても、説明会に参加したいという熱意を直接伝えれば応じてくれる企業も多いと思います。

 

「その会社への熱意がある」学生は企業にとって大歓迎なんです!

 

説明会前日の夜のキャンセル待ちは狙えない

 

これは企業にもよりますが、基本的に開催日2~3日前にネット上で予約変更できる期間が終了します。

 

企業にとって直前までキャンセルが簡単にできるようでは、参加人数が確定できず準備に困ります。

 

予約変更期間が過ぎるとネット上では「受付終了」と書かれ、予約ができないことが多いので、直前までキャンセル待ちを狙うのはおすすめしません。

 

直前まで待つより、満席になった時点で電話で直接企業に連絡して席を空けてもらう方が絶対に良いです。

 

会社説明会参加後まで丁寧に

 

枠が埋まっているにもかかわらず、参加させてくれたということに対し、必ずお礼をしましょう

 

方法はメールでOKです。

 

参加した当日中にお礼メールを送りましょう。

 

実際お礼メールを送ってくる学生はごくわずかです。

 

ここでも人となりをアピールすることができます。

 

【参考】学歴や性別によって予約枠が制限されているってほんと?

 

結論から言うと、学歴や男女によって枠の割合が違う企業は多いです。

 

管理画面の予約システムで割合を設定することができるんです。

 

例えば、50%は旧帝大、30%は地方国公立、20%は上位私立大学など…

 

企業にもよると思いますが、各会社で採用したいターゲット大学があります。

 

仮に人数がたくさん集まったとしても、ターゲット大学以外の大学出身の学生が集まったらどうでしょう…

 

ターゲット大学からなるべく多く採用したいという思いがあるので、会社説明会の枠の割合を大学や学科等で変えているところが多いです。

 

どんな人が予約をするかは分からないため、あらかじめ企業側も対策を取っています。

 

実際に筆者が勤めている会社もターゲット大学や上位大学によって会社説明会の枠の割合を変えています。

 

また、あまり聞こえが良くないかもしれませんが、男女比の割合も変えていることがあります。

 

一概には言えませんが、就職活動において比較的女性の方が活発にこまめに活動をしています。

 

男女比を考慮しないと女性が8割などと偏りが生じてきてしまいます。

 

バランスをとるために性別でも枠を変えています

 

まとめ

 

これで会社説明会の予約が満席になってしまった時でも、すぐにどのような行動をとればいいか分かったはずです。

 

会社説明会が満席でも自分でできることはあります。

 

メールではなく電話で丁寧に問い合わせをし、参加後も丁寧にお礼を伝えれば好印象を持ってもらえるチャンスにもなります!

 

まずは、予約が出遅れないように各企業の予約開始日時を確実にチェックしましょう。

 

▼イロダスサロンに登録すれば面接練習ができアドバイスももらえます!会員登録は60秒でらくらく!▼

10種類以上のキャリア講座・メンター面談を無料で就活生に提供してくれます!!

今すぐイロダスサロンの無料登録をして早速面談する

面接の不安もプロに聞くことでプラス思考になれます!

 

スポンサーリンク

-就活