就活

就活のLINEマナー大丈夫?やりとりが気軽だからこそ注意が必要

スポンサーリンク

 

最近の就活では連絡手段にメールや電話ではなくLINE(ライン、line)を活用する企業が増えてきましたね。

 

就活の情報発信や連絡手段にLINEを導入している企業の意図とは、何でしょうか。

 

採用担当

ラインを導入する意図は、学生が使い慣れているLINEを使うことで、学生とのやりとりをスムーズに行うことです。他にも、気軽に学生が相談できるようにする、メールよりもLINEの方が就活生が見てくれるという理由があります。

 

最近の就活生の傾向を把握しながら、多くの企業が就活にラインを導入しています。

 

一方、就活生にとっては、企業への連絡が取りやすくなったのでしょうか?

 

それとも、LINEのラフさにより、返信の仕方やその他対応など迷ってしまうなんてことはありませんか?

 

こんな方におすすめ

  • 就活でのLINEの返信方法がわからない
  • 就活で企業とのLINEの正しいやりとりがわからない
  • 就活でのLINEのマナーを知りたい
  • LINEでやり取りする際の注意点を知りたい

 

今回は、企業とのLINEの対応に戸惑う就活生向けに、最低限守ってもらいたい就活でのLINEのやりとりやマナー(返信、アイコン、名前、挨拶、時間帯など)について紹介します。

 

企業が採用活動でLINEを導入している理由

 

冒頭で少しお伝えしましたが、就活の情報発信や連絡手段にLINEを導入している企業の意図は何なのでしょうか。

 

企業がラインを導入する理由

  • 学生が使い慣れているLINEを使うことで、学生とのやりとりをスムーズに行う
  • 気軽に学生が相談できるように
  • メールよりもLINEの方が学生が見てくれる
  • 誰からのメッセージか分かりやすい
  • グループ機能があり情報共有が円滑になる

 

最も大きな理由は、「学生が使い慣れているLINEを使うことで、学生とのやりとりをスムーズに行う」ことです。

 

メールを見ない学生が多いため、必ず見るLINEを使うことで手軽にコミュニケーションが取れるようになります。

 

多くのメリットがあり、企業が就活生とのやりとりにラインを導入しています。

 

 

24卒の就活生必見!まず就活アプリを登録しましょう!

就活アプリを通して、どんな企業があるのか、自分に合った企業はどんな企業なのかを早めにリサーチしましょう!

dodaキャンパスなら、企業検索もでき、プロフィールを入力するだけで自分に合った企業からオファーがもらえます!

▼dodaキャンパスアプリ取得はこちらから▼

dodaキャンパス


 

最低限おさえておきたい就活でのLINEやりとりやマナー

 

普段は友達との連絡などで主に使用するLINEだと思いますが、就活で企業と連絡を取る際のLINEはどのような点に注意をする必要があるのでしょうか。

 

採用担当

就活でのラインは就活生にとって気軽かもしれないけど、最低限のマナーは守ってほしいなぁ

 

就活生必見!

ジョブトラ20sで「社会人の疑似体験」をすることで自己分析や自己理解、社会理解を深めることができます!

また、早期選考に乗って即内定をもらえることもあります!

ジョブトラへ登録して一味違う就活をする

 

既読無視はNG!返信を必ずする

 

企業から個別に連絡が来ているにも関わらず、既読無視(スルー)をしてしまうのはNGです。

 

内容を確認したからわざわざ返信をしないという考え方もプライベートでは通用しますが、あくまでも就職活動でのLINEの使用なので、きちんと返信をしましょう。

 

「ご連絡ありがとうございます。承知しました。引き続きよろしくお願いいたします。」

 

この3文が書けるか書けないかで大きく印象が変わります。

 

スタンプは使わない

 

友達や家族とのLINEではないので、スタンプは絶対に使わないようにしましょう。

 

よく、敬語のスタンプならいいと思って使用する人がいますが、NGです。

 

どんなに丁寧な意味のスタンプだったとしても、就活中の企業へのLINEでスタンプを使うことは非常識だという印象につながります。

 

挨拶は必ずする

 

LINEだからと言って、挨拶なしに本題に入るのはNGです。

 

何か発信する際には必ず「挨拶、大学名、名前」を入れましょう。

 

確かにLINEなら誰からメッセージが来ているか企業も把握できますが、礼儀として挨拶は必ずしましょう。

 

連絡する時間帯に注意する

 

メールでも同じことが言えますが、基本的にはLINEで連絡を取る時は、時間帯に注意しましょう。

 

採用担当

学生の中には深夜にLINEを送ってくる方もいて、朝会社に来た時に正直驚いてしまいます。

 

LINEだから気軽にやり取りできるメリットがあると思いますが、基本的なマナーは守る必要があります。

 

ポイント

LINEで連絡をする際は、企業の勤務時間中の連絡を心がけましょう。

 

万が一、勤務時間帯に連絡が取れなかった場合は、遅くとも19:00までには連絡をしましょう。

 

19:00以降になってしまう場合は、その日は送らず、次の日にした方が無難です。

 

送信取り消し機能は使わない

 

就活におけるLINEでは送信取り消し機能は使わないようにしましょう。

 

いくら気軽に連絡ができるからといって、あまり慎重に考えず文を打ってしまい、後から不備に気づいて取り消すということは、印象が悪くなります。

 

メールでは送信取り消し機能なんてないですよね。

 

心配な方は必ずメモ機能などで下書きをしてから、LINEで送信するようにしましょう。

 

アイコンは無難なものに

 

プライベート用に使用している分にはLINEのアイコンまで気にすることはありませんが、就活でも使用するとなると多少は配慮が必要です。

 

就活でのアイコンのNG例

  • 恋人とのツーショット
  • 自撮りのアップ
  • 負を連想させるもの

 

無難に何かの背景自分の後姿が写っているようなものでOKだと思います。

 

就活の少しの間だけ、我慢しましょう。

 

言葉遣いに気を付ける

 

連絡手段がLINEになったとしても、メールや電話と同じように言葉遣いには気を付けましょう。

 

正直、学生の言葉遣いが全く気にならない人事採用担当はいないです。

 

好印象を持ってもらうためにも最低限の言葉遣いはしっかりと意識しましょう。

 

タイムラインも見られている

 

よく、LINEのタイムラインで共有するとコンビニの商品が抽選で当たるようなものもありますね。

 

このようなものを共有すると、企業の方も見ているので、あまり印象が良くありません。

 

就活期間中は、LINEは連絡手段として使用し、他のことはツイッターを使うなどして、LINEでは目立たないようにしておくとよいと思います。

 

ドタキャン連絡や謝罪

 

いくらLINEが手軽な連絡手段だとしても、自分の勝手な都合でキャンセルをする際の連絡や謝罪は電話やメールで行いましょう。

 

電話やメールでキャンセル理由を説明して謝罪をするのが就活でのマナーだと思います。

 

常識はずれな人だと思われないためにも、最低限のマナーを考えた上でラインを使いましょう。

 

24卒の方はまず就活アプリを登録しましょう!

就活アプリを通して、どんな企業があるのか、自分に合った企業はどんな企業なのかを早めにリサーチしましょう!

dodaキャンパスなら、企業検索もでき、プロフィールを入力するだけで自分に合った企業からオファーがもらえます!

▼dodaキャンパスアプリ取得はこちらから▼

dodaキャンパス


 

まとめ

 

筆者は採用担当としてメーカーで働いていますが、よく他社の人事から、LINEでの学生の態度が気になるという意見を聞きます。

 

LINEはメールよりも気軽に連絡ができるというメリットはありますが、そのメリットをそのまま就活で使うのではなく、あくまでも就活なので最低限のやりとりのマナーを守った上で、使用するようにしましょう。

 

おすすめ!IT業界を見ている方向け就活サイト

IT求人ナビ新卒

 

おすすめ!全就活生向けの就活サイト

ベネッセの成長支援型逆求人就活サービス【dodaキャンパス】

スポンサーリンク

-就活